番外編:母の作品

帰省するたびに度肝を抜いてくれる母の作品を少しご紹介します。

自己流の陶芸で自由に作り続けるその勢いは、我が親でも尊敬に値するとさえ思える今日この頃。

この果物…。

なんとすべて母の作品。

実家に帰ってから「なんでリビングに果物が?」と思いつつもそのまま4、5日過ごしてしまいました。

ここにあるものすべて陶器です。

布以外は。

これ以外にもびっくりさせてくれるもの多数。

手前のフクロウは何百個も様々な大きさで日々作られているもの。

知り合いや、私の友人宅へお守りとして配られていながら、我が実家には常備数十個あります。

50代からはじめた陶芸、40代にはカナヅチを脱しバタフライまで習得した人。

楽しいと思うことは日々成長、上達するものなのだなあと思うのです。

広告

コメント / トラックバック2件 to “番外編:母の作品”

  1. mari-spiral Says:

    す、すごい!すごすぎる!
    お母様、ただものではないと思っていたけど、このふくろうの数・・・

    こんなおばあちゃんになりたいなぁ

    • miwa Says:

      コメントありがとう!
      そいえば、会ったことあるんだね。
      そうなんです、これはほんの一部なんです。
      父の事務所も今や母のアトリエと化しています。
      誰も止められません。
      でも、父も最近水彩画にハマり、この上には父の練習中の絵がたんまり飾られているのです。(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。